東京都の離島からの引っ越し

東京都には南の方にたくさんの島が並んでいます。

 

私はその中の一つ、伊豆諸島の大島から東京都の八王子市に引っ越しをしてきました。

 

いわゆるひとつの長距離引越しですね。

 

離島からの引っ越しは海に囲まれたがゆえに大変なものがあります。それは引っ越し業者がいないこと。

 

小さな島の中では大きなトラックで引っ越しを行ってくれる会社がなく、荷物の梱包や発送は全て自分で行わなければなりません。

 

大きな家具家電だけは大手の宅急便があるため、依頼することができますが引っ越し業者よりは梱包や運び出しがプロではないため、少し不安もありました。
荷物の配送に関しては郵便配達にお願いすることにしましたが引っ越しだけあり、段ボールの数がどうしても多くなってしまいます。

 

出来る限り減らしはしましたが20箱はあり、それらの送料は約15万はいってしまいます。これに加え大型家具の配送料。

 

さらに自家用車を船で運搬してもらう運送料もあり、荷物全般を持ち出すだけでも20万ほどはかかりました。

 

段ボール箱への梱包が難しいものは送料削減もあり、車の中にできるだけ詰め込んでから船で運送をしてもらいました。

 

その後、数年して八王子から埼玉県新座市へ引っ越しをする機会があり、その時は引っ越し業者に依頼。

 

梱包は小さい物は自分で行い、大きいものや自分でできないものは全て引っ越し業者に梱包をしてもらい、配送をしてもらいました。

 

その時は引っ越しのシーズンオフの2月ぐらいだったこともあり、全てにかかる費用が約5万円と聞き、驚いてしまいました。

 

これだけ楽な引っ越しなのに数万円で引っ越すことができるなんて、やっぱり引っ越し業者はすごいと思います。

 

島からの引っ越しでは苦労して4倍の費用はかかったのがとても複雑な気持ちでした。

 

しかも使用した段ボールは引っ越し業者が引き取ってくれ、引っ越しした後の荷解きが終わったらいつでも回収してくれると言うのです。

 

引っ越しが終わった後も段ボール箱を片付ける手間が省け、業者のある引っ越しのありがたみがわかりました。

 

利用した業者=アート引越センターさん

ページの先頭へ戻る